中国語能力0の陰キャ@中国杭州

中国語能力0の陰キャが中国杭州で生活してみた!2021.12杭州上陸!

中国米の選び方「产品标准代号」にご注目!

こんにちは!

 

VPNの乗り換えを完了し、サクサク繋がるようになりました!

私の好朋友「Youtube」もストレスフリーで見れてます。

捨て活動画を見るのが趣味なのですが、見終わった後ふと携帯から顔を上げ現実に戻ると毎回ズーンとしている陰キャです。(だ、大丈夫!洗濯もの畳んでないだけだから!)

 

さてさて、今回は日本から持ってきたお米の底が見えてきたので、ローカルスーパーに行って買ってきました!

 

 

古米を食べる苦行をすること約半年。。。

日本から持ってきたお米は5キロを3袋、計15キロ。。。2人暮らしで約1年ほど持ちました。(途中タイ米・玄米食べたりした)2袋めぐらいまでは美味しかったのですが、3袋目がまずかった。。。というのも、引越しの船便で3、4カ月掛かり、しかも夏だったため古米化(?)してた( ;∀;)

 

虫がいたり、白い粉みたいなのも付いていましたが、廃棄するのはダメでしょ!!目がつぶれる!!(?)ってことで、ざるにあけて虫と白い粉を取り除きなんとか食べていました!(米につく虫は、体に害はないらしい、、)

 

古くなったお米は日本のお米でも、炊き上がりが臭かった。

食べてももそもそするし。。。はちみつを入れて炊いたり、酒を入れて炊いたり試行錯誤したけどやっぱりうーーん、、、まずいw

 

ってなわけで、約6か月ほどの苦行に耐えやっと古いお米の底が見えてきましたので、米を買いにスーパーへGO!

 

 

 

中国の米選び「产品标准代号」を見るべし!

米売り場に猪突猛進し選ぶも、選び方が分からない。。。そこで夫が米を選んでいるおばちゃんに聞き込み開始!

 

おばちゃんの話によると、、、

写真の「产品标准代号」(Chǎnpǐn biāozhǔn dàihào)という欄に書かれている番号が重要らしい!

 

写真見づらくてすみません。。

写真の黄色で囲ったところに「产品标准代号:GB/T19266」と記載されています。

 

「产品标准代号:GB/T19266」と記載されています

 

  • GB=国家標準(国家标准(Guójiā biāozhǔn)の頭文字)
  • T=おすすめ(推荐(Tuījiàn)の頭文字)
  • 番号=産地を表す数字

 

私が百度で調べたところ、高品質とされている数字(産地)は、4つありました。

  • GB/T19266=黑龙江省五常
  • GB/T18824=辽宁省盘锦市
  • GB/T20040=黑龙江省方正县
  • GB/T22438=河南省原阳市

 

よかった!私たちが買ったGB/T19266も入ってた!

今回スーパーで購入した五常大米

 

あとひとつ高品質米として紹介されているGB/T1354もありましたが、翻訳すると「平均的な高品質」となりました。これって高品質の仲間ってことでいいのかしら、、、?

 

だとしたら、5つの番号であれば高品質米ってことですね!

 

偽物の五常米にご用心!!

上の情報を元に、満を持して購入した五常大米でしたが、帰ってから夫がなにやら真剣に調べ物をしていました。

 

中国の動画を見ていたので、私は一切聞き取れず、Youtubeで捨て活動画を楽しんでいました。すると、、、

 

夫「んーーー、買ったお米、もしかしたら偽物かもしれない。今、五常大米を育てている農家の人の動画で言ってたんだけど、市場に出回っている五常大米の90%が偽物なんだって。見分け方を教えてくれているからみたけど、買ったやつちょっと怪しいな。。ちょっと見てみて。」と。。。

 

五常大米

夫「本物は、周りが透明で真ん中とかが白いんだって、、、あと、米は丸じゃなくて角があるんだって」

 

言われてみると白いのもあれば透明のものもあるような、、、ブレンドされているのか?でも米粒一つ一つに角はあるし。。。

 

私は気になって、京东で米を見ましたが同じパッケージのものが売っていました。京东に絶大なる信頼を置いている私は、京东で売ってるし大丈夫じゃない??と言うと、ちょっと店に問い合わせるわ。と言い出しました。

 

「お宅の米は偽物ですか?」って聞くのかなと思ってひやひやしましたが「チャットで質問できないな」と断念し、少し安心した私。(/ω\)

 

番号も確認したし、きちんと包装されているし、京东でも売ってるし大丈夫じゃない??ってことで、さっそく開封し、炊いてみました!

 

新米の販売は10、11月ごろ

丁度お米を買いに行った時期が11月だったので新米のシーズン。私たちが買ったお米にもきちんと新米のシールがありましたよ!2022/11/6が生産日(包装日?)でした。

新米シール

 

さてさて、ピーピーとお米が炊けました!

 

ご飯が炊けました

おおーー半年ぶりのお米のいいニオイを嗅げて感無量!!

 

そしてその日の晩御飯はカレー。(え?)

ご飯の風味もへったくれも感じられず晩御飯を終えました!

 

お、お米だけでも食べましたよも、もちろん!(;゚Д゚)

 

日本米にはない香ばしい香りがしましたが、日本米のような粘りはきちんとありましたし、美味しかったです!これが偽物でも美味しいからいいや!

 

日本一時帰国の際にお米を買ってこないといけないかなと思っていましたが、中国米でも全然いける!というか美味しい!

 

今回私たちが購入したのは、セールで159元→99元(約2,000円)の10キロ。

 

この10キロが終わったら、サムズで買えるお米も試してみようと思います!

 

 

 

さて、冒頭からずっと「古米の底が見えてきた」とお伝えしている通り、まだあるんですよね、古米が、、、1、2合ぐらい、、、。

 

 

美味しいお米を食べたあと、古米に戻るのきついわーーーー(´Д`)