中国語能力0の陰キャ@中国杭州

中国語能力0の陰キャが中国杭州で生活してみた!2021.12杭州上陸!

2回目の外国人体格検査を受けてきた

こんにちは!

 

 

2021年3月末に日中友好病院で外国人体格検査を受けましたが、

2021年9月末で有効期限が切れてしまったので、

再度外国人体格検査を受けてきました!

 

 

関東在住の方は日中友好病院がおすすめ

私は、1回目は日中友好病院で体格検査を受けました。

 

外国人体格検査記録表の準備は病院側でやってくれるので、証明写真を持っていくだけです。外国人体格検査記録表の記入例も日本語で書いたものが置いてあるので心配無用。結果も郵送で送ってくれるので本当に楽でした。関東在住の方は、日中友好病院がおすすめです。

 

結果と一緒に送られてきた紙に

「もし中国でこの体格検査が認められず、もう一度検査を受けるよう指示された場合は、すぐに検査を受けるのではなく一度当院までご連絡ください。担当者に説明させていただきます。」

といったようなこと書かれていました。なんと心強いお言葉(ノД`)・゜・。

 

 

外国人体格検査が受けられる病院「大阪市総合医療センター」

2回目となる今回は、大阪で受けました。

 

日中友好病院的なものが大阪にもあるだろうと安易に考えていた私は、ネットで病院を探すも見つからず、まずは受けられる病院を探すところから始めました。

 

 

 

受けられる病院は、

「国立・公立病院または日中友好病院」

と中国大使館の体格検査説明に書かれています。

 

 

 

国立・公立病院と言われても、どこが国立でどこが公立かなんて知りませんので、調べてから外国人体格検査を受けられるかどうか片っ端から電話していくしかありません。

 

効率よく見つけたかったので、ネットで「外国人体格検査 大阪」と検索、、、

 

ネットで見つけたのが国立病院「大阪医療センター」です。

 

 

電話すると「外国人体格検査はうちではやっていません」

 

 

 

 

 

家から比較的近いので勝手に第一希望としていたのですが撃沈。

市立豊中病院も中国ビザ用健診(これが外国人体格検査を指すのかは分かりません、、、)を受けられますが、AやらBやらコースがあるようです。選べって言われても分からんな、、、

 

 

どうしようかと悩んでいたところ、ブログで外国人体格検査を大阪市総合医療センターで受けたという方が。。。

 

 

ダメもとで電話すると、やってます!とのこと。

 

 

電話で「え、外国人体格検査ですよ??中国のですよ??やってるんですね??ありがとうございます(?)」と興奮してしまいました。。。

 

 

 

外国人体格検査記録表の準備はご自分で!と言われたので、表裏印刷し持参。この用紙を印刷した時に、ちょっとした違和感が、、、

 

それは、日中友好病院が用意してくれた用紙に書かれている項目の記載がない!!でも、中国大使館のHPからダウンロードしたし、、、、と思いましたが、当日医者に聞こうと思い前回の結果をデータで持っていきました。

 

 

 

外国人体格検査で初体験!尿が出ねぇ・・・

検査当日、1時間ぐらい前に着き受付を済ませました。

 

 

窓口「今日は注射打ちますか?」

私「(いや、知らんよ・・・採血はあったかな、)たぶん、、、」

と言い渡されたのがワクチンの紙、、、

私「いや、ワクチンは打ちません、、、採血はあると思います」

窓「ですよね?健康診断ですよね?」

と、意味の分からんやり取りをして、

窓「〇番の部屋の前でお待ちください。分かりにくい場所にあって、、、ここの筋を入って×~△番とかかれた看板の筋を曲がって、突き当たったら▲番の部屋がありますのでそこを左に曲がってドアを抜けたところです。」

 

窓口の人絶対に私をその場所に着かせたくないんかっていうくらい、ノンストップ&早口でしゃべり続けたので、途中から全く道順が頭に入ってこず「ここの筋を入って、、、なんですか?」と聞くと窓口の人は別の窓口の人と話をし始めました。

 

 

私「(え、うそやん目の前におんのに無視?)あのー」

窓「今からこの人が案内しますね」

私「(そういうことか、先走ってごめんなさい)あ、お願いします」

 

 

無事診察室前に案内された私。まだ30分以上も時間があったため、

私「あの、今日尿検査はないですか?」

看護師「確認しますね」「ないですよ」

私「じゃ時間まだあるのでトイレに行ってきます」

 

 

 

ここが悪夢の始まり、、、

 

 

 

 

時間になり、診察室に入ると、

私「気になることがあって、、、。日中友好病院で以前体格検査を受けた際にこの項目(前回のデータを見せながら)が記載されていたのですが、今回私がプリントアウトした用紙には書かれていないのです。」

医「じゃ、項目足しましょう。

 

 

 

 

 

はい、たぶんこのやり取りで尿検査追加されました。

確かに日中友好病院で尿検査したもんな、、、。

 

 

 

 

 

 

 

この時点では私は、尿検査が足されたことは知らず、血液検査に向かいました。すると、尿カップも渡されました。

 

 

 

私「尿検査ないって言われたんですけど、、、」

と、係りの方に言っても、検査項目は診察券で機械管理されているので

係「そうですか。ま、出なかったら言ってください。」

と言われました。。。

 

 

先に採血をしましたが、人生で初めて「血管に逃げられた」と言われ、1分ぐらい針を刺したまま血管を押されたり、わちゃわちゃしてました( ゚Д゚)ヤメテ

 

 

次に尿検査。10分ぐらい座ってましたがやっぱり尿は出ず。。。

係りの方に伝えると、ほかの検査してからまた来てくださいと。

 

 

自販機で購入した500mlのお茶+500mlの水を摂取。

 

 

残りのレントゲンと心電図を受けに行き、尿検査に戻ってくるもまだ出る気配なし。

 

 

 

ベンチで15分ぐらい座っていると、尿意っぽいものが来ましたが、これがもはや尿意なのか、私が尿を出したいがために作り出した幻覚尿意なのか分からなくなっていました。

 

 

しかし、自分を信じてトイレへ。出ました。幻覚尿意ではなくちゃんと尿意でした(/ω\)

 

これで全ての検査項目が終了しました。。。

 

14:30からの予約でしたが、検査と精算が終わったのは16:00でした。

日中友好病院では、確か30、40分程度だった記憶が、、、。

 

今回は、私の膀胱待ちだったので仕方ありません。

 

 

結果は1週間後に受取に行く

日中友好病院で体格検査を受けた場合は、結果を郵送してもらえますが今回受けた大阪市総合医療センターでは、1週間後に受取に行く必要があります。

 

来週は、トラブルなく無事結果を受け取ることが出来るのか?

なにかトラブルが発生した場合は、ブログに記録します(;´・ω・)

 

 

 

 

大阪で外国人体格検査を受けられる病院を探している方に、

1つの候補地として「大阪市総合医療センター」があるということ

をお伝えだけしておきます。